« [才市] ただの念仏 わたしゃ用なし | トップページ | [才市] いさみ いさんで ねんぶつとなえ »

2011年6月29日 (水)

[才市] 言われて申す念仏には

ねんぶつは
言うてもうす《申す》ねんぶつには
あじもなし
ねんぶつ
言われてもうすねんぶつには
ふかきあじの あるなり
(『ご恩うれしや』, p.162)

 前回,「ただの念仏」という句を解しかねていると書きましたが,今回の口あいははっきりしていますね.前回の口あいとの関わりで言えば,(2)の解釈に相当する口あいです.

 才市さんにはこんな話があります.

 或る日,才市が突然に思い出したように言った.
 「此の間,近くの○○屋に○○寺さんが見えて,お聴聞がありましてな,私も誘われて参りました.そしたら,○○寺さんがお説教の前に,十分間念仏の相続をしようと言われましてな・・・」
 「その時アンタは,どうしたかね」,私には,何か私の近頃の胸にある問題に解答が得られるような気がして,すぐたずねた.
 「私も暫く黙って,下にむいて居りましたがな・・・○○寺さんのように,あげえに[
あんなに],よそから念仏をかりて来てまで,悦ばんでもよかろうになー」
(寺本, pp.85--86)

【補足】
寺本:寺本慧達『浅原才市翁を語る』(千代田女学園, 1952).引用中の「○○」,「・・・」は原文のママ.また,太字部分(「かりて来てまで」)は,原文では圏点.[ ]内は引用者補足.

« [才市] ただの念仏 わたしゃ用なし | トップページ | [才市] いさみ いさんで ねんぶつとなえ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [才市] 言われて申す念仏には:

« [才市] ただの念仏 わたしゃ用なし | トップページ | [才市] いさみ いさんで ねんぶつとなえ »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ