« [才市] 鳴子になれて 邪見 日暮し | トップページ | 「才市さんが,はぁ参っとんさるで」 »

2014年7月23日 (水)

「恋い慕わしき 法の言の葉」(梅田謙敬)

 梅田謙敬が才市さんを詠った短歌が数首あります.それについて,問Ken_kimiy_2 い合わせがありましたので,これを機会にここでもご紹介します.

 当山には短冊が3葉残っています.だいぶん古びていて,シミのように見えるのは,模様や金箔(?)が色あせたものです(^^;).

1) 浅原才一[ママ]ぬしの六字尊号を拝受せられければ

入りがたき 法の深山を ふみわけて きこゑし君のまことをぞ思ふ

(才市さんがご本山から金泥六字名号を頂いたのは1920年ですので,その時のものと思われます)

2) 浅原才市老人の逝去を悼みて

ゆきましし 後に思へば 今更らに こひしたはしき 法の言の葉

(裏面に「昭和七年二月二十九日二七日逮夜によみはべる」とあります)

3) 才市老人の逝去を悼みまつりて

君ゆきて 法の村里 あれにけり あとをつぐべき人もなくして

(これも裏面に「昭和七年二月二十九日二七日夜」と謙敬自身によって記されています)

 謙敬が才市をどう思っていたかを窺わせる逸話については,また改めて.

追記:1の添え書きを「・・・六字名号を拝受・・・」と書いていましたが,「尊号」ではないかとのご指摘を(間接的に)いただきましたので,改めました.ありがとうございました.
 同じく1の「きこゑし」は「きゝゑし」ではないかとのご指摘もいただきました.ここは,実は迷ったとこでして,ちょっと,保留とします.
 そのほか,細かなところ修正しました(2014.07.26)

« [才市] 鳴子になれて 邪見 日暮し | トップページ | 「才市さんが,はぁ参っとんさるで」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「恋い慕わしき 法の言の葉」(梅田謙敬):

« [才市] 鳴子になれて 邪見 日暮し | トップページ | 「才市さんが,はぁ参っとんさるで」 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ