« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月28日 (金)

「海のどこまで、ひびくやら」(金子みすゞ)

鯨法会は春のくれ、海に飛魚採れるころ。
浜のお寺で鳴る鐘が、ゆれて水面をわたるとき、
村の漁師が羽織着て、浜のお寺へいそぐとき、
沖で鯨の子がひとり、その鳴る鐘をききながら、
死んだ父さま、母さまを、こいし、こいしと泣いてます。
海のおもてを、鐘の音は、海のどこまで、ひびくやら。
 (金子みすゞ「鯨法会」)

 隣町の「さかなの法座」のことについて先に書きましたが,「さかなの法座」と聞いて最初に心に浮かんだのが,金子みすゞの「大漁」とこの「鯨法会」でした.どちらも,漁業が他の命を奪うことを歌っていますが,命を奪う人間の行いを責めるのではなく,命を奪われる側の悲しみに寄り添っている詩です.

 「海のおもてを、鐘の音は、海のどこまで、ひびくやら」.この結びの言葉を読むと,沖で泣いている鯨の子以外の,たくさんの鯨の子の悲しみが思われます.と同時に,海で命を失い,そのまま帰らなかった漁師たち,さらに,海にさらわれて,そのまま海に眠る人々へと思いが広がっていきます.

私が妻と出会った海.
妻が[1611年の三陸津波で]呑みこまれてしまった海へ.
・・・
あの海岸の地中深く沈み込み,砂となった貝や骨といっしょに眠りたい.
そこにはたしかに私の美しい白い妻も眠っているからだ.
 (『かたづの!』, p.382)


 そんなことを思って最初の詩の,「村の漁師が羽織着て、浜のお寺へいそぐとき」という句を読み直すと,お寺に急ぐ漁師たちも,何かしら悲しく思えてきます.他の命を奪いながら生き,大切な人との別れに耐え,そして自らもやがては去っていく・・・.

上の雪
さむかろな.
つめたい月がさして

下の雪
重かろな.
何百人ものせていて.

中の雪
さみしかろな.
空も地面《じべた》もみえないで.
 (金子みすゞ「積もった雪」)

 この詩で歌われていることは,「鯨法会」とはまったく関係がありません.しかし,「鯨法会」の寂しさは,この詩の寂しさにどこか似ているような気がしました.




【補足】
 金子みすゞ:『金子みすゞ童謡集』(角川春樹事務所, ハルキ文庫, 2003).「鯨法会」: pp.26--27.「大漁」: p.12.「積もった雪」: p.179.

 『かたづの!』:中島京子『かたづの!』(集英社, 2014).

2018年9月20日 (木)

[才市] わしの心の燃え立つなかに

わしの心の燃え立つなかに
入《い》りてくださる
なむあみだぶつ
(才市, 鈴木, 12:047)

 「燃え立つ」と言えば当然,「燃焼の説法」を連想すべきでしょう.才市さんも,その話を聞いてこの口あいが出たのかもしれません.

 ところが,困ったことに(?)私が「燃え立つ心」でまず連想するのは,『ジャン・クリストフ』の最後から二つ目(第9巻),「燃える柴」です.

 世間から認められず,批判されても,自己の精神には何も恥じるところはない・・・そう思って,自分の精神の純粋さを恃んで誇り高く生きてきたのに,それが粉々に打ち砕かれてしまった.逆上して警官を殺し,パリを逃れ,そんな自分を保護してくれた医師の妻と恋に落ちる・・・.すべてを破壊し焼き尽くす激情の炎.心が深くつながっていた友も失い,クリストフは最大の,そして最後の精神的危機に陥り,そして,再生する・・・.それが「燃える柴」の章です.

 クリストフが再生していく部分にこんな一節があります.

「神は,クリストフにとっては,・・・みずから火を放った<町>の火事を,青銅の塔の高みから見物するようなネロでもなかった.神は苦しむ,神は戦う.戦うものどもと諸共に,あらゆる悩めるものどものために.神は生命だからだ.闇のなかに落ちてひろがり,闇を飲む光のしずくだからだ」(『ジャンクリストフ』)

 「燃える柴」という題名は,言うまでもなく聖書に因みます.旧約の「燃える柴」では,その中から天使が現われ,そして神が語りかけます.同様に,『ジャン・クリストフ』の「燃える柴」も,上の「光のしずく」,つまり神・命の象徴でしょう.

 しかし,私の記憶の中では,いつしか,この「燃える柴」は,クリストフの燃えさかる心,クリストフを苦しめる激情の象徴になってしまいました.そのため,才市さんのこの口あいを読んで,「燃える柴」という言葉を連想してしまう.本来の意味とはまったく逆なのに.そういう意味でも困ったことです(^^;).

 ただ,悩めるもののために苦しむ神は,燃え立つ私の心に入りてくださる仏と響き合うように思いました.

【補足】

 才市,鈴木, 12:047: 鈴木大拙編著『妙好人浅原才市集』, ノート12の47番(p.156).用字,改行などを読みやすく改めました.

 「燃焼の説法」:たとえば,増谷文雄『仏教百話』(ちくま文庫, 1985), pp.38--39.手塚治虫『ブッダ』では,この説法がおとぎ話のような形で印象的に描かれています(第5部第8章:「象頭山の教え」).

 『ジャン・クリストフ』からの引用は:ロマン・ロラン(井上勇訳)『ジャン・クリストフ II』(三笠書房, 世界名作への招待10, 1967), p.523 上段.なお,青空文庫には『燃ゆる荊』と題した豊島与志雄訳が収められています.


 『旧約』の「燃える柴」:『出エジブト記』第2, 3章.「燃える柴」が出現するのは第3章ですが,2,3章で一つの物語を成していて,『ジャン・クリストフ』の「燃える柴」の巻はその物語全体を踏まえてるように思えます.

2018年9月16日 (日)

池澤『砂浜に坐り込んだ船』

 人は昔から,死後の世界について様々な物語を紡いできました.私は死んだらどうなるのか.私はどこから来て,どこへ行くのか.その答を得ようとして.しかし,それ以上に,先立ったものへの思いから死後の世界の物語を求めてきたのではないか・・・.少し前に「虹の橋」という物語(詩?)が話題になりました.これも,先だったもの --- この場合はペットですが --- への思いから生まれた一つの物語でした.前回お話した短篇を含む短篇集,『砂浜に坐り込んだ船』に収められた8篇の物語も,この世を去っていった者への思いから紡がれた物語のように感じられました.「虹の橋」とは趣がずいぶん違いますけど.

 親から子へ,孫へと繋がっていく命の連鎖.18歳であの世への川を渡り,その連鎖から落ちてしまった少女への想い(「上と下に腕を伸ばして鉛直に連なった猿たち」).死んだ友人が語りかけてくる話(「砂浜に坐り込んだ船」).あるいは,この世界から,死という形で立ち去り,中世ペルシアのイスファハーンへと移る男.彼は夢の世界へと去ったのか.いや,この世界こそ仮の世界で,彼は本来の世界に帰って行ったのではないか([「イスファハーンの魔神」).あるいは,また,夢の中で別の世界を夢見て,その中でさらに別の世界を夢見て・・・.そして,夢から覚めてこの世界に戻って来て,この世界に戻ってきたという夢を見ていた眠りから覚めて,さらに,眠りから覚めた夢を見ていた夢からさめて・・・(「夢の中の夢の中の,」).

 「大聖堂」も,死者への深い思いがおのずと祈りとなって,別の世界へと移行してしまった話です.これを読んで思い出したいくつかのこと・・・

 乗っていたバスが炎上し焼け死ぬ.周りでは人々が騒いでいる.だけど,私は,それを眺めている.バスが燃えたとき,こちらの世界に移動したらしい.こちらの世界では何事もなく,私はバスから降りてここにいる.だけど,向うの世界の人々にそれを伝えるすべがない.炎上するバスのなかで黒こげになっていく自分の姿と,それを見て叫ぶ人々をただ見ているだけ・・・.目が覚めたとき,『ユービック』を思い出した.

 あるいは,また,夢と現実のあわいで:ぼんやりと目が覚める.えっと,不治の病にかかって,この病室を出る時は死体になって出ることになるだろうなんて,嫌な夢だったな・・・.いや,夢ではなかったのか・・・.今眼を開くと見えるのは,自宅の板張りの天井ではないのか.病室にいるというのは夢であってほしい・・・そう思いながら恐る恐る目を開ける.だけど,もう目がはっきり覚めていて,何が見えるかは分かっていた.やはり,病室の天井だった・・・.

 あるいは,また:好きな女性と川の土手を歩いていた.彼女は,近々,誰かと結婚するらしい.こうして二人で歩くのもこれが最後だろう・・・.そんなことを思いながら彼女の後姿を見ながら歩く.と,彼女が振り返って言った.「私が他の人と結婚するなんて嘘だよ」.ここで,目が覚めた.夢だったのか・・・.「嘘だよって,抱きしめて言って.会いたい・・・」.

 2011年の東日本大震災は起こっていない,大切な人々は今も平凡な生活を送っている.あれは,嘘だった.大切な人に会いたい・・・祈りとでもいうべきそんな強い思い.そこから「大聖堂」の物語が生まれたのではないでしょうか.

 ところで,あの震災は,天災であると同時に人災でもありました.しかし,あれが人災であったことは忘れ去られがちです(いや,意図的に忘れ去ろうとしている?).それへの怒りが「苦麻の村」だろうと感じました.

【補足】
 池澤夏樹『砂浜に坐り込んだ船』(新潮社, 2015).

 「虹の橋」はたとえばこちらを.

 P.K.ディック, 朝倉久志訳『ユービック』(早川文庫, 1989).

 沢ちひろ作詞「会いたい」

2018年9月12日 (水)

顔ひとつわれに近づく秋のくれ (細川加賀)

 たまたま,目にした句です.いろいろな状況が想像できます.たとえば,甘やかな状況(「あなた 席を立たないで 息がかかるほど そばにいてほしい・・・」).しかし,作者は肺結核の療養経験があり,さらに,この句は,脳挫傷で死去する直前の作だと言われています.そうだとすれば,この顔は,病床に横たわる作者を,気づかわしそうにのぞき込む家族・友人の顔かもしれません.あるいは,死を予感し,先に死者の国に旅立った人の雰囲気をふと感じる・・・.そんな句のようです.

 少し前,「砂浜に坐り込んだ船」という短篇小説を読みました.語り手の男が,砂浜に坐礁した船の写真を見て誰かを思い出す.誰だろうと考えているうちに,その彼が横にいて,一緒に写真を見ている気配を感じる.死んだ友人だった.「時々は様子を見に来ていたんだよ.きみが気づかなかっただけだ」.そう語りかけてくる死者・・・.この死者との対話・死者への追想を読みながら,こんな情景が心に浮かんでいました.

私がイライラしているとき,先に死んだ恋人(婚約者?)が傍らに立ち,気づかわしそうに私を見ている気配をふと感じる・・・.

 小説の一場面だろうか,何かの詩か歌だろうか・・・思い出せないままでいたら,ある本で,その情景が引用されているのに出会いました.

朝なんぞ、煖炉《だんろ》に一度組み立てた薪がなかなか燃えつかず、しまいに私は焦《じ》れったくなって、それを荒あらしく引っ掻きまわそうとする。そんなときだけ、ふいと自分の傍らに気づかわしそうにしているお前を感じる。--- 私はそれから漸《や》っと気を取りなおして、その薪をあらたに組み変える。

 私が覚えていたのはこの情景でしたが,さらに,こんな一節も引用されていました.

息を切らしながら、思わずヴェランダの床板に腰を下ろしていると、そのとき不意とそんなむしゃくしゃした私に寄り添ってくるお前が感じられた。が、私はそれにも知らん顔をして、ぼんやりと頬杖をついていた。その癖、そういうお前をこれまでになく生き生きと --- まるでお前の手が私の肩にさわっていはしまいかと思われる位、生き生きと感じながら・・・

 堀辰雄『風立ちぬ』でした.

 この小説を読んだのは40年くらい前です.今回読み返して,その文章一つ一つが心に沁みわたる感じがしました.でも,40年前に読んだときにはそうでなかったようです.内容をほとんど忘れていました.同じ頃に読んだ,『ジャン・クリストフ』や『テス』は印象深く覚えているのに.しかし,私にそっと寄り添う死者の感覚だけは忘れていなかった・・・.

 『風立ちぬ』を引用し,それを再読する機会を与えてくれたのは,若松氏の本です.その若松氏の言い方を真似れば,40年前からこの小説は常に私に語りかけ続けていたということになるのでしょう.しかし,私が耳をふさいでいた.そしてやっと今,その声が聞こえ,この小説を味わえるようになった.私が耳をふさいでいても,倦むことなく常に我を呼びつづける声・・・.


【補足】
 顔ひとつ・・・:こちらのテキストをお借りしました.作者の経歴などはWikpediaにありました.

 「砂浜に坐り込んだ船」:池澤夏樹『砂浜に坐り込んだ船』(新潮社, 2015)所収.

 『風立ちぬ』:昔読んだのは文庫本だったような気がしますが,今回は青空文庫のテキストをお借りしました.

 若松氏の本:若松秀輔 『生きる哲学』 (文春文庫, 2016).『風立ちぬ』が引用されていたのは p.123 および p.124です.

2018年9月 6日 (木)

[才市] 生れるさとは親のさと

ありがたいな
はらのなかでも ものをいう
わしがおやさま 大けなおやで
しゃばは おやのはら
うまれるさとは おやのさと
(『ご恩うれしや』, p.247)

 ちょっと不思議な,よく分からない口あいです.とりあえずは,次のような意味でしょうか.

ありがたいな.
私たちはこの娑婆で好き勝手なことを喋り散らしているが
私の親様である阿弥陀様は大きな親さまで,
 (そんな私たちを丸ごと抱き取ってくださっている).
この世界は,母親のお腹のなか
 (にいる赤ん坊のように阿弥陀さまに完全に包み込まれている).
そして,私も阿弥陀様の世界=お浄土に生れさせてもらう.
 (ちょうど,赤ん坊の生まれてくるのが母親の世界であるように)

 以下,順に見ていくと,まず,「腹のなかでも,ものを言う」.これが一番わかりません.誰が言うのでしょうか.さらに,「腹のなかでも」の「も」はどういうことでしょうか.「腹の外でも,ものを言っているが」ということか,あるいは,あまり意味のない,軽くつけられた「も」なのか・・・.

 一つの解釈は:腹の外(お浄土)で語られる真実の言葉こそ本当に「ものを言う」ことであり,腹の中(娑婆)では何を言っても嘘になるので,腹の中では言葉を慎むべきなのに,腹の中でも平気で喋り散らし,偽りの言葉を吐いている・・・.因みに,『ご恩うれしや』には各章に短い解説がついていますが,この章の解説は上のように味わっているようにも読めます(しかし,非常に圧縮して書かれているので,よく分かりません).

 別の解釈としては,阿弥陀様は腹の中でも(腹の中にむかっても)ものを言う・・・.つまり,浄土の世界は言うまでもなく,娑婆の世界にも親の声=お念仏は届いていると理解できるかもしれません.

 とりあえず,最初の解釈に従っておきました.

 次に,「わしが親さま,大きな親で,娑婆は親の腹」:これは一応分かります.阿弥陀様(親)が,この私を,しっかりと,完全に包み込んでくださっているということでしょう.嘘偽りをまき散らしながら生きている私をその世界ごと抱き取ってくださっている・・・.才市さんに,「娑婆の世界は 浄土の小庭」という口あいがありますが,それも同じように理解できるかもしれません.つまり,浄土という大きな世界の中に娑婆の世界が包み込まれているという味わいです.

 最後の「生まれるさとは親のさと」は,子供が必ず親のいる世界に生れてくるように,この私も,必ず阿弥陀様の世界(親のさと)に生れさせてもらう,ということでしょう.

 というわけで,とりあえずは,冒頭に記したように味わいましたが,しかし,やはり,よくわからない口あいです.ご教示をお待ちしています.


【補足】

『ご恩うれしや』(石見の才市顕彰会編).

「娑婆の世界は 浄土の小庭」: 全体はこちらを.

仏教で「親の腹」なんていうと「胎蔵界」などという言葉を連想しますが,この方面はまったく知りません.関係あるかないかを含めてご教示ください(でも,私には理解できないと思う ^_^;).

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ