« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月25日 (日)

『アメリカン・スナイパー』と勲章と

 最近は,才市さんとも仏教とも直接関係のない話がちょこちょこ混じりますが,今回も才市さんや仏教は出てきません.しかも,独り言をダラダラとたれ流しているような記事です.お暇な折にお付き合い下されば幸いです.

 数年前に公開された『アメリカン・スナイパー』という映画をご覧になられたでしょうか.私は見ていないのですが,先年,坊守が娘にせがまれ,いっしょに見に行ったそうです.「重い映画だった」と内容を話してくれましたが,確かに,単純には割りきれない映画のようですね.娘は,「次はディズニーが見たい」と言ったとか.腹にこたえ過ぎたようです.評価が分かれる映画だろうなと思ってネット上の評判を見たところ,やはり評価が割れていました.ただ,その割れ方がちょっと意外な感じでした.

 この映画は,実在のアメリカ軍狙撃兵をモデルにした映画だそうです.そして,彼を,伝説的な英雄として描いた「愛国映画」と称賛する声がある一方で,そのような描き方への批判もある --- ネット上の評判はそんなふうに意見が割れているように見えました.

 しかし,私が話を聞いて評価がわかれるだろうなと思ったのは,別のことでした.つまり,この映画を,「英雄伝説」として受け取るか,そうではなくて,「英雄」の悲惨と矛盾(子供を狙撃する立場に追い込まれたり,除隊後,心を病んだり) を描き,さらに生きることの意味を問う映画として受け取るか,そこのところで評価が分かれるだろうと思ったのです.映画を見ていないので何とも言えないのですが,私の受け取り方がひねくれすぎているのかなぁ・・・.

 この映画の話を聞いて,昔TVで見たある戦争映画を思い出しました.その映画も,第二次世界大戦における,ある実在の伝説的兵士を描いたものらしいのですが,映画の題名もその兵士の名前も忘れました.ともかく,彼が,戦場で死ぬような目に何度も会い,戦友を失い,それこそ,地獄の苦しみと深い悲しみを味わったことがつぶさに描かれていました.そして,彼はそれに耐え抜き,最後は,多くの将兵が居並ぶ前で勲章を授与されて映画は終わります.
 私は,この最後の場面を見て,勲章というのは,なんとまあ,狡猾な制度かと思いました.あれだけひどい目にあわされた代償がペラペラの勲章一つ(いや,実際にはそれなりに重くて,年金なども付くのでしょうけど).それをもったいぶって授与するのは,安全で安楽な執務室から命令を下してきた人物.彼が勲章を授与する際の重々しい態度を醜悪とさえ感じました.泥と血の中でのたうち回る兵士の姿が強く印象に残っただけに.NHKの『映像の世紀』に,ベトナム戦争の武勲で授与された勲章をホワイトハウスの前で焼き捨てたり,投げ返したりする元兵士の姿がありました.この映画のお蔭で,彼らの気持ちがよく分かるような気がしました.

 でも,この映画,英雄伝説を歌い上げる「愛国映画」だったのかもしれないと,ずっとあとになって思い当たりました.最後の勲章授与を,生涯最大の華々しい栄誉,辛酸の苦労に十分報いるものだと感じる人も多いのだろうと.やっぱり私はひねくれているのかぁ・・・.

【補足】
 補足というか,少しおしゃべりを・・・

 勲章と言えば,これも少し前,桑田佳祐氏が勲章を茶化すようなことをしたという話を聞いて,アラビアのロレンスがフランスから勲章をもらった時,その勲章を犬の首輪につけて散歩した(祖国イギリスからの勲章は辞退した)とか,ビートルズがやはり勲章をもらった帰り道,勲章でキャッチボールをしたという伝説を思い出しました.ロレンスやビートルズは一部の顰蹙を買ったでしょうが,でも謝罪したという話は聞いていません.しかし,桑田氏は謝罪に追い込まれたそうです.勲章を茶化すのがいい趣味だとは言いませんが,でも,そんな「悪趣味」が許されないのも,窮屈な感じがします .

 なお,ビートルズが勲章でキャッチボールをしたという伝説は確認できませんでした.私の思い違いかも.ただ,叙勲が決まった時,同じ勲章を受けた一部の軍人が,“あんな不良少年と同じ勲章ならいらない” と勲章を返還する騒ぎがあったそうです.そのとき,ジョン・レノンは,“軍人は,戦争で人を殺して勲章をもらったのだけど,僕らは,多くの人を楽しませて勲章をもらった” と言ったとか.軍人たちは余計に怒ったでしょうね.さらに後,レノンは ,イギリスが,ビアフラ戦争でナイジェリアを,ベトナム戦争でアメリカを支持したことなどを理由に勲章を返還したそうです.

 余談ですが,勲章を授けたり,表彰したりするのは,目上から目下へという感じがしますが,いかがですか.大師号を授けるというのも同じ.大師号を授ける天皇の方が,授けられる僧侶より格上という感じがしてなりません.
 当地では,「報恩講スタンプラリー」と称して,多くのお寺の報恩講にお参りになった門信徒の方に,組長名で表彰状と記念品を差し上げていますが,表彰状と記念品は各寺院でその寺の住職がお渡しします.私も毎年,表彰式(表彰伝達式?) のようなことをするのですが,「代読」とはいえ,年上の方に向かって「表彰状」などと読み上げるのはどうも落ち着かない気分.
 大きな法要などでは,お寺に尽くしてくださった方を「表彰」したりしますが,これも,自分が表彰する立場に立たされたときは,逃げ出したくなりました.「私個人が表彰するのではない,安楽寺住職が表彰するのだ」と自分に言い聞かせてもダメ.結局,「感謝状」ということにさせていただきました.

 そういえば,今の天皇の「ご成婚○○記念日」か何かの記者会見で,"もしお互いに表彰状をだすなら,どのような賞をお出しになりますか" という問いに,皇后(当時は,皇太子妃?)が,"表彰状ではなく感謝状を" とお答えになったように思います.天皇 (皇太子) の方が格上とする考えからでしょう.
 ちなみに,天皇(皇太子)の方は,"努力賞を" とお答えになったように記憶します.これも,奥ゆかしい答ですね.本当はもっと誉めたいのだけど,身内を大っぴらに誉めるのはみっともないという配慮からこういう答になったのだろうと思いました.でも,これは,あまりにも,下々の者の感覚に引き寄せた受け取り方ですか?

 余談の余談ですが,「顕彰」という言葉には,「表彰」と違って,上から下へという感じは受けません.言葉自体の意味としては,「顕」も「表」も,ほとんど同じだと思うのですが・・・.
 実際の使われ方の違いによるのでしょうか.あちこちに建つ「顕彰碑」などは,「わしらの村にも,こがぁに偉い人がおんさったんだけ」って感じです.その偉さに便乗して,自分も偉くなったような気分が漂っていることもありますが,ともかく,偉大な先達を仰ぎ見ている,下から上への視線を感じます.言葉というのは微妙なものですね.

 長い長い妄言にお付き合いくださり,ありがとうございました.

2018年11月18日 (日)

『アルト・ハイデルベルク』

 『アルト・ハイデルベルク』は,ドイツの小説・戯曲です.

ある小領邦の王子が古都ハイデルベルクの大学に留学する.そこで,王子という立場を離れて一人の学生として青春を謳歌し,ビアホールのウェイトレス(と呼ぶのでしょうか?),ケティーと恋をする.身分違いの,稔らぬ恋だということは分かっていた.だけど,未来は見ないようにして,今,この恋だけを生きた.そして,二人でパリへと旅行に立とうとしたとき,父王崩御の知らせが届く.王子は,葬儀と即位のために慌ただしく古都を去って行った・・・.

 これを読んだころ,国語の授業で「舞姫」(鴎外)を読みました.

エリート官僚としての期待 --- 国家の期待と家族の期待 --- を背負って,「ウンテル・デン・リンデン」の通るベルリンに留学した青年が,踊子,エリスと身分違いの恋に落ちる.一度は,官僚としての道を捨てて,ベルリンでエリスとの生活を始めるが,しかし,親友のとりなしと説得に応じてエリスと別れ帰国する・・・.

 よく似た話です.男女二人の状況が同じ.そして,恋を捨てた理由もおそらく同じ.社会的体面を守り,高い地位を優先したという面もあったでしょうし,経済的問題もあったでしょう.しかし,一番大きな理由は,社会から期待されている自分の役割,自分が果たすべき社会的役割を放棄できなかったことだろうと思います.

 しかし,読後感はまったく違います.早朝,慌ただしく去って行く王子の馬車を見送った後,一人激しく泣くケティー.彼女と共に涙しながらも,その涙にはなにか甘美なものがある.『アルト・ハイデルベルク』は,美しく懐かしい思い出に似た読後感を残します.一方,「舞姫」の方は苦い.「一点の憎む心」を無理やりに押し殺しているような苦しさが残ります.この違いはどこから生じるのでしょうか.舞台になる都市も対照的に感じられます.南ドイツの明るく暖かい古都と,北に位置するプロイセンの重厚で寒い振興都市・・・.

 先日,私の青春の地,名古屋を約30年ぶりに訪れる機会がありました.大学構内や,かっての下宿の近くを歩いているうちに,当時のこと,当時の心の状態をありありと思い出しました.そして,当時抱いていたたくさんの夢を.実現しなかった夢,最初から実現できないことは分かっていて,無理やり心の底に封じ込め,そのことさえ忘れていた(つもりになっていた)夢・・・.定められた通りの人生だったことを今更後悔はしません.ましてや,還暦を過ぎた今,すべてを投げ捨ててやり直す時間も体力もない.名古屋で過ごした時間は,楽しくて,思い出すと少し悲しくて,でも,甘美な思い出.だけど,自分の人生を決める自由を持つ人をうらやむ気持ちも誘いだされて苦さも混じる.私にとっての名古屋は,ハイデルベルクとベルリンとの間を揺れています.

【補足】
 ひょっとして,今の私の生活を支えてくださっている方々に対して忘恩の言を弄するような文になったかもしれません.妄言多謝.名古屋に行って,何だか感傷的になってしまったようです.年齢的なものもあるのでしょう.「あの[学生の]頃、お刺身を食べながらどんな未来を予想していたんでしょうね。/こんなはずじゃなかった、ような気もするが、そう思うことも含めて、こんなのがわたしの人生なんだなぁ、としみじみ思ってしまいました」( http://tetsugakuka.seesaa.net/article/436030989.html )を読んで,なんだか頷いてしまいました.

 『アルト・ハイデルベルク』: マイアー-フェルスター作.高校の頃,まず,旺文社文庫に収めれれている戯曲を図書館で読み,次いで,角川文庫の小説版を読んだような気がしますが,記憶曖昧.手元にあるのは次の2冊です.

 植田 敏郎 訳『アルト・ハイデルベルク』(旺文社文庫, 1966).
 番匠谷 英一 訳『小説 アルト・ハイデルベルク』(角川文庫, (1971).

 今回,戯曲の方をパラパラと読み返していくつか思い違いに気付きました
 主人公は王子じゃなくて,ザクゼン=カールスブルク大公の甥である公子.大公の死ではなく,重病に倒れた大公に代わって政務をとるため呼び戻される.その後,大公の位を継ぎ,結婚も決まった後に,ハイデルベルクを再訪しケティーと再会する.

 「あたしには,わかっていましたわ,カール・ハインツ,あなたが一生のうちまたきっときてくださるってことが」(旺文社文庫, p.162).
しかし,このとき,ケティーも結婚が決まっていた.
 「ねえ,わたしたちふたりとも,ほかにどうすることもできませんでしたもの,ね? そしてまた,そのことは,わたしたちだって,いつでも知っていたはずです.」(同, p.167)
 ト書き:ケティー,彼のほほをしきりになでる.彼を見上げながら,永久になくしてしまう何かに,もう一度さわろうとする人のように
 「ぼくは,きみだけを好きだった,ケティー,すべての人たちのうちで,きみだけを」(同, p.169).

私の記憶にあった早朝の別れは,この再会の後でした.ただし,戯曲の方は深夜か早朝か不明.また,従者と歩いて去ってい行く.小説の方は「日曜の朝」.でも,こちらも馬車には乗っていません.どこで馬車がでてきたのだろう・・・と思っているうちに,映画を見たような気がしてきました.ついでにもう一つ.今回戯曲をざっと読み直して印象的(?)だったのは,二人が,それはそれは頻繁に,抱き合ってキスしていること.また,ケティーの言葉が限りなく甘く切ない.高校のころ読んだのですが,そんな記憶はがありませんでした.昔はそう感じなかったのか,感じたけど忘れたのか,あるいは・・・.『風立ちぬ』の文章も三,四十年ぶりに読み返して感じ方が随分違っていると思ったのですが.

 「舞姫」: 高校現代国語の教科書(筑摩書房)で読みましたが,今回は「青空文庫」電子テキストを参照しました.

2018年11月11日 (日)

[才市] ええな 世界 虚空がみなほとけ

ええな 
世界 虚空がみなほとけ 
わしもそのなか 
なむあみだぶつ
(才市,楠一, 06:030)

 「ザルツブルグの小枝」という有名な比喩があります.ずいぶん昔に聞いて,その時は,小学校の頃作った,ミョウバンの結晶を思い出したりしていました.「ザルツブルグの小枝」の方は「ザルツ」つまり岩塩の結晶ですね.

ザルツブルグの塩坑で,寒さのために落葉した1本の小枝を廃坑の奥に投げ込んでやる.2,3か月もして取り出してみると,それは輝かしい結晶で覆われている.いちばん小さな枝,せいぜい山雀《やまがら》の足くらいの枝までが,まばゆいばかりに揺れて閃く無数のダイヤモンドで飾られているのだ.もとの小枝はもう認められない./私が結晶作用と呼ぶものは,目に触れ耳に触れる一切のものから,愛する相手が新しい美点をもつことを発見する心の働きである
(スタンダール, p.32)

 最近,この「結晶作用」の比喩を思い出し,人によって受け取り方が違うだろうなと思いました.これは要するに「あばたもエクボ」と同じことを言っているわけですが,「あばたさえエクボに見せる心の働きはすばらしい」と受け取るか,あるいは,「エクボと見えているものは実はあばたに過ぎない」と冷笑するか・・・.ネットで検索してみると,やはり,両方の立場から言及されているようです.

 スタンダール自身は肯定的ですし(ですよね?),当の本人にとっても,現にエクボに見えているのだから,「実は,それは・・・」なんて話は余計なお世話,というところでしょう.でも,そうは言っても,そのエクボは迷妄・錯覚だと言われたら楽しくないかもしれない.「あなた,私の幻を愛したの」なんて歌詞もありました.・・・そんなことを考えているうちに,もう一つ,昔読んだラッセルの言葉を思い出しました.

恋愛はそれ自体が喜びであるだけでなく,音楽とか山頂の日の出とか満月下の大海というようなもっともよき快楽をよりいっそう大きくすることによっても喜びをもたらす.
(ラッセル)

これも結晶作用と言えるかもしれません.恋する相手を越えて,世界に向けられた結晶作用.恋した時,世界が美しく見えるのも錯覚・迷妄なのでしょうか.夜の海の,対岸にまたたく灯りが美しく見えるのも錯覚なのでしょうか.

君が親友と散歩に出かけたあの夜,君は何ともならない魔力につい引きずられて,その夜,君の脳裏を占めていたあの事柄を,実は,そのことだけは友にも秘密にしておきたかったあのことを話し始める.友なる人の思い遣やり深く礼を失しない態度に励まされて,君は一歩一歩とその話に深入りし,最後に声を落しながらも勢い込んで言ったものだ.「君,彼女は全く神秘的なんだよ」.・・・普通の意味から言えば,一個の少女が神秘などと呼ばるべきものではない.もし仮に,一個の少女が神秘と呼ばれ得るとしたなら,殆ど大抵のものは神秘と呼んで差支えないであろう --- ところが正にその通り,神秘と呼んで差支えないないのである.
(ベネット, pp.16--17)

そして,恋愛は,

偉大なるものの持つ美は,それよりも小なるものの中にも存在することを教える・・・
(ベネット, pp.21)

 プラトン風に言うならば,すべてのものに宿るイデア,それを発見することが結晶作用なのかもしれません.

ふりかえりますと、前に池があって、ハスの花が、いっぱいさいていました。ひとつひとつ、よーく、見ました。が、花の上には、やっぱり、ほとけさまは、おられませんでした。でも、ハスの花は、とってもきれいでした。池も林も空も、見れば見るほど、まえに見たこともないほど、きれいに見えました。そして、ぜんざいの心の中まで、すっきりしました。
「ほとけさまが見えるって、こんなことかもしれない。」
 と、ぜんざいは、にっこりほほえみました。
(「善財童子さま」末尾部分)

 「裏から見ていた刺繍を表から見る」という喩があるらしいのですが,善財童子は,裏から見ていたこの世界という刺繍を表から見たのでしょう.そのとき,見慣れた花も池も林も空もきれいに見えた.それが世界に向けられた結晶作用ならば・・・.それが,世界虚空に仏を見るということかもしれません.

【補足】
 話をずらしにずらせて,才市さんの歌まで持って行こうとしましたが,最後の方は力尽きました(^^;).

 楠一, 06:030: 楠恭編『妙好人才市の歌 全』の一, 第6ノート, 30番(p.224).

 スタンダール:『恋愛論』(原亨吉, 宇佐美英治訳, 角川文庫, 1971, p.32).

 ラッセル:ノートに書き抜いてあった言葉ですが,出典が書いてなくて,いま,探し出せません.因みに,理論的で懐疑主義を自ら標榜するラッセルにこの言葉があることに感銘を受けました.そういえば,あるラッセル伝は『情熱の懐疑家』という副題を与えられていました.

 ベネット:『文学趣味』(山内義雄訳,岩波文庫, 1955, pp.16--17, p.21).これもノートに書き抜いてあったもので,今,頁番号などを確認したところ,訳文が少し違っていました.別の訳本から書き抜いたのかもしれません.なお,二つ目の(p.21からの)引用は,ベネットの原文では,「恋愛は」ではなく「文学は」です.

 「善財童子さま」:小島敏郎作.華厳経に見える善財童子の旅を童話風に語り直したものです.
http://hanaha-hannari.jp/e_mag2.htm

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ