« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月28日 (金)

冬の給食サービス

 恒例の冬の給食サービスをこの前の日曜日に行いました.町内のお年寄りだけの世帯にお弁当をお配りするもので,春・冬,年に2回だけの行事ですが,楽しみにしていただいているようです.

 仏教婦人会の行事で,仏婦会員のみなさんが調理・配布に当たられますが,材料費は社会福祉協議会からご援助頂いています.ですから,お寺と社協(「社会福祉協議会」)との共同事業(今風に言えば,「コラボ」?^^)とも言える行事です.

 社協との協力関係と言えば,毎年秋,前年度にお寺で余ったお米を寄付・お引き取りいただいていて,社交辞令じゃなくて,本当に喜んでくださっているようです.これも,随分以前から続いています.ちなみに,手元の『社協だより』(大田市社会福祉協議会, 12月20日, No.79号)を見ると,「香典返し寄付」を始めとするお金の寄付の他,災害地への飲料水,食品,学生服等から,古切手,プルタブ,ペットボトルのキャップなどの寄付も受けているようです.当山でも,プルタブなどは溜るたびに持って行っています.

 社協というと,各種福祉事業を裏で支えている地味な組織という感じがしますが,社会的に弱い立場に追いやられている方々のために何かしたいというとき,一番身近にあって頼りになる組織かもしれません.

 お弁当の包装紙では,前回このブログに掲載した才市さんの口あいを紹介させていただきました(以下の通りです).

----------------------
 寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。間もなくお正月ですが、才市さんにこんな歌があります。

みのり《法》の船は六字の船で
六字の船に乗りぬれば
六字の風にまかせとられて

別段、お正月の歌というわけでもないのですが、「新しい年への船出」を連想しました。

 「六字」というのは「南無阿弥陀仏」のことです。阿弥陀様の働きを船に喩え、それに乗って迷いの海を渡るという言い方がありますが、才市さんはさらに、阿弥陀様の働きを風に喩えています。

 「風に吹かれて風まかせ」と言うと、いい意味にも悪い意味にも聞こえます。悪い意味なら、「どこに流されていくかわからない、不安で頼りなく、よるべない」という感じ。一方、よい意味だと、「自由で気まま、風に身を任せて思い煩うこともない」という感じでしょうか。

 才市さんは若い頃、九州に出稼ぎに行っていますが、その時、日本海を帆掛け船で旅することがあったかもしれません。帆掛け船の頼りなさも、風に身を任せる気楽さも、ともによく知っていたのでしょう。

 阿弥陀様の風は私たちを間違いなくお浄土へと運んでくださいます。だから、六字の風にまかせても、不安や頼りなさはありません。ただ、思い煩うことのないのびのびとした安心感があるだけです。それが「まかせとられて」という言葉に現われているように感じられました。

 今年の漢字は「災」だそうです。「災」に心痛めながらも思い煩うことなく、六字の風に身をまかせ、安心してお正月をお迎えください。

 ささやかですが、安楽寺仏教婦人会からお弁当をお届けします。今回も社会福祉協議会のご援助を頂きました。ありがとうございました。     合掌  

  二〇一八年十二月二十三日
   安 楽 寺 仏 教 婦 人 会
   ( 安楽寺住職  梅田淳敬 記)
-----------------------------
(以上)

【補足】

プルタブリサイクルについては,一時,イカサマだというウワサがありました.確かに,「回収したプルタブから車椅子を作って寄贈する」ということはないらしいのですが,しかし,アルミ資源として売れるそうです.ですから,社協に持って行ったプルタブが無駄になるということはないようです(この辺の話はややこしいので,あくまで,私が現時点で理解してる限りは,です).

2018年12月21日 (金)

[才市]みのりの船は六字の船で

法《みのり》の船は六字の船で
六字の船に乗りぬれば
六字の風にまかせとられて
(才市さん.楠1-05:133)

 『天下御免』というNHK番組を覚えていらっしゃいますか? 山口崇演じる平賀源内を主人公にした時代劇ですが,時代考証なんてどこ吹く風.江戸時代の閉塞感を現代に重ね,「社会の常識・道徳」という名のガラスの天井を蹴破ろうとする源内たちのドタバタ騒ぎが毎回繰り広げられる・・・そんな連続ドラマでした.時代より早く生まれ過ぎた源内に対し,遅く生まれ過ぎた武士の右京之介,社会からはじかれてしまった盗人稲葉小僧の他,源内たちの理解者で改革者の田沼意次,蘭学の新時代を開いた杉田玄白(坂本九)などが主要な登場でした.ナレーションは水前寺清子.最終回には出演し,自分が登場する場面に自分でナレーションを入れていました.

 断片的にしか覚えていないのですが,羊毛の飼育を試みながら失敗し,残された一匹の羊毛を男の子が夕暮れの丘を引いて歩く場面が印象に残っています.

 最終回は,田沼意次が失脚し,社会に押しつぶされそうになった源内たちは,フランスに逃れ,フランス大革命の渦中に飛び込んで自由・平等・博愛のために大暴れするという終わり方だったと思います.源内は獄死したと世間を欺くために,源内の墓碑銘を杉田玄白が作るという場面もありました.玄白の作った墓碑銘(「ああ非常の人、非常の事を好み、行ひこれ非常、何ぞ非常に死するや」)があまりに悲痛で,その辛さを少しでも和らげようとした終わり方のように感じられました.

 このドラマの主題歌(「船出の歌」)も好きです.

船出だぞ,船出だぞ,
このうら船に帆をあげて
自由の風をつかまえろ
テンテン天下の御免丸
・・・
東に南に西にも北にも吹きまくれ
トンナンシャアペイ(東西南北)吹き飛ばせ
・・・
どこへ行くのも風まかせ
自由の風よ吹きまくれ
・・・
その名も高しオンボロの
テンテン天下の御免丸

 年末・年始にふさわしい才市さんの口あいを捜していて,最初に掲げた口あいを見たとき,この「船出の歌」を連想しました.光明の世界から吹いてくる六字(「南無阿弥陀仏」)の風.その風に身をまかせ,自由な(無碍の)世界へと船出する・・・

【補足】
 才市さん.楠1-05:133: 楠恭編『妙好人才市の歌 全』の一, 第5ノート, 133番(p.216).

 「天下御免」: 放映は1971年--72年だそうです.

 「船出の歌」: 早坂暁 作詞,山本直純 作曲. .歌詞はこちら

2018年12月17日 (月)

理性への言い訳,その2: パスカルと親鸞

 「パスカルの賭け」の話を初めて聞いたのは,高校の授業かなにかで,要約された形でした.

1)もし神がいるなら,
 (1a) 神を信じれば天国
 (1b) 信じなければ地獄
2)神がいないなら,
 (1a) 神を信じれば無
 (1b) 信じなければ無
つまり,神を信じれば,天国か無,信じなければ地獄か無.だから,神を信じた方が良い.

なんとも合理的で単純明快な説明に感心したことを覚えています.

 その後,『歎異鈔』で似た議論がなされているのを読みました.それを上に合わせて整理すると,

1) もし法然上人のお念仏の教えが本当なら
 (1a) お念仏を称えればお浄土
 (1b) お念仏を称えなければ地獄
2) もし法然上人のお念仏の教えが嘘なら
 (2a) お念仏を称えれば地獄
 (2b) お念仏を称えなければ地獄
つまり,お念仏を称えればお浄土か地獄,お念仏を称えなければ地獄.だから,お念仏を称えた方がチャンスがある・・・.

 しかし,『歎異鈔』の言葉を読むと,このような整理はなんだか違う感じがします.お念仏を称えるかどうか,二つの選択肢を前にして,このような合理的考察によってお念仏の道を選んだ・・・そんなことではないような気がします.そうではなくて,地獄一定,もうお念仏以外の道はない,そんな切羽詰まった状況のなかで,お念仏の道を選んだ理由を合理的に説明するなら,というのがこの議論のように感じられました.

 そこで,改めて「パスカルの賭け」に戻ると,パスカル自身は,上記のように明快に論じてはいませんでした.長々といろいろなことを論じていて,確率の期待値に関わるような議論もしています(そう言えば,パスカルは確率論の祖でしたね?).しかし,そこに至るまでの断章も合わせて読むと,パスカルも,神の存在に賭けるしかなかったのではないかと感じます.自身の態度決定のため確率論的な考察を行ったというよりも,神を信じるという結論はもう出ていて,それ以外の結論はありようがなくて,その結論を合理的に説明するために長々と確率論的な議論を行っている・・・そんな印象を受けました.

 「パスカルの賭け」も親鸞の議論も,結論を導くためのものではなく,結論が出たあとの,理性に対する言い訳に過ぎない,ちょうど,合理的選択の後に誰かを好きになるのではなく,誰かを好きになった後に,理性に対する言い訳として,相手の美点を列挙するのと同じように・・・と言うと,信仰と恋愛を一緒くたにするなって顰蹙買いますか?

【補足】
 パスカルの賭け:パスカル,松浪信三郎訳・注『パンセ(上)』(講談社文庫, 1976), p.376以降(断章418の一部).
 なお,パンセにはこんな言葉もあります.

「単純な人々が推理によらずに信じるのを見て,驚いてはならない.神が・・・彼らの心情を信仰の方へ傾かせるのである.もし神が心情を傾かせるのでなければ,人は・・・信じはしないであろう.神が心情を傾かせるならば,人はただちに信じるであろう」(同,断章 380, p.350).

「心情を信仰の方へ傾かせる」神の働きが,『トリスタンとイソルデ』における「愛の媚薬」に相当するなんて言ったらクリスチャンの方に叱られるかな?

 『歎異鈔』: 第2段.

2018年12月14日 (金)

理性への言い訳,その1: トリスタンとイソルデ

 「トリスタンとイソルデ」の物語は,ワグナーの楽劇や映画もになっていて,おおよその内容は良く知られていると思います.ただ,細部になると,語り手などによっていろいろ異同があるようです.私がこの物語をまとまった形で初めて読んだのは岩波文庫版でした.そして,「媚薬による恋」に,何となく違和感というか,不満めいたものを感じました.

 マルク王の王妃となるために,トリスタンに伴われてコーンウォールへと向かうイソルデ.ところが,その船中で二人は,マルク王とイソルデの結婚のために準備された「愛の媚薬」を誤って飲んでしまい,激しく愛し合うようになる・・・.

 媚薬飲んだせいで好きになっちゃったって,何,それ? いっしょに媚薬飲んだ相手なら誰でもよかったの? そんなの本当の愛じゃない.お互いの人格を認め,尊敬し合い,魂の失われた半分を見出す,それが本当の愛だろう・・・そんなことを感じました.

 この物語にはいろいろ異本があるそうで,媚薬は,もともと心の奥に隠れていた思いを呼び覚ましただけだとか,そもそも媚薬が登場しなかったりする版もあるそうです.私と同じような違和感からそのように改められたのでしょうか.

 あの人が好きなのは,媚薬の働きで強制されたのではない.あの人が,可愛いから,美人だから,優しいから・・・.でも,

あなたに似ている人もいるのに
あなたよりやさしい男も
砂の数よりいるのにね
(中島みゆき「黄砂に吹かれて」)

そんな,砂の数よりいる人の中のただ一人だけが,ある強烈な感情を引き起こします.それはなぜか.その理由をいくら並べ立てても,この人でなくてはならない理由にはなりませんん.恋する者が列挙する相手の魅力などというものは,理性に対する感情の言い訳に過ぎない・・・.「恋の媚薬」とは,そんな説明不能な,ある心の働きを表わしたものなのでした.

【補足】
 トリスタンとイソルデ: ペディエ編, 佐藤 輝夫 訳『トリスタン・イズー物語』(岩波文庫,1973).

 中島みゆき「黄砂にふかれて」: 歌詞はこちら

 この文章は,遥か昔,「恋の媚薬」の意味に気付いたころに書いたものの焼き直しです.あれから30年.進歩がないなぁ・・・.

2018年12月 6日 (木)

多湖輝「頭の体操」シリーズ

 多湖輝「頭の体操」シリーズは今でも読まれているのでしょうか.第1集が出たのが1966年,その後第23集まで続編が出たそうです.子どもの頃,家に第1集と第2集(?)があって,この2冊は愛読しました.その後,論理学やパラドクスの本が好きになったのは,この本のせいかもしれません.

 有名な,三人の学生が払った3万円から千円が消えた話とか,三人の囚人が帽子の色を当てる問題(いろいろヴァリエーションがあるようです.その一例)なども,この本で最初に読んで強い印象を受けました.
 それ以外で記憶に残っているものに,

(1) この世で一番大きなものを食べたという法螺合戦をして拙僧を負かした者には褒美を出すと言う坊主.どんなことを言う挑戦者でも,坊主はただ一つの返答で撃退した.坊主のその返答とは.

(2) 頁の上部にヌードの女性の絵,下部に上を見上げている男数人の絵が描かれている.さて,この女性を一番熱心に見ているのはだれか.


というのもありました.これは二つとも似たところがありますね.

 さらに,こんなのがあったのを思い出しました.

「わが社の新型カラーテレビの映像の美しさを見てください」と,その画面を示して,テレビで宣伝することは意味があるか? つまり,その宣伝を見ている人は,画質の悪い古いテレビを通して見ているわけです.それで,新型テレビの美しさがわかるだろうか?


 こんなことを思い出したのは,NHKが盛んに流している8Kテレビ放送の宣伝を見たからです.同じ画像を,2k,4k,8kで示して,8kが如何に鮮明か強調しているのですが・・・.その画像を私は2kで見ているわけです.8k画像の美しさが2kテレビで分かるのでしょうか? 宣伝画像はいかにも8kが美しいようになっていますが,これって・・・? おそらく,大きな映像のごく一部を切り取って拡大する・・・そんな操作を,2k,4k,8k画像に施したものなのでしょう.だから,嘘ではないけど,これって,なんとなく,例のスタップ細胞騒ぎを思い出しませんか.あの時も,比較しやすいように画像処理してそれを黙っていたら,学術論文ではそれは偽造に等しいって批判されたのでした.NHKのあの比較写真には,「写真はイメージです」って注意書きを付けるべきじゃないでしょうか.ねぇ,NHKさん?


【補足】
 えっと,この「補足」の後の方に(1)と(2)の答を書きます.知りたくない方はこの辺で止めておいてください.

 ちょっと行数稼ぎ・・・.今回は,まぁ,半分冗談です.TVのCMに一々イチャモンを付けているときりがない.すべて,話半分,冗談半分として見るべきものと思っています.ただ,天下のNHKがあそこまで大々的にやっているのがちょっと可笑しかったので・・・.
 でも,「写真はイメージです」って断り書きの文句,広告の文として傑作かもしれません.

 さて,(1)と(2)の答です.知りたくない方は読まないでください.



(1) どんな法螺を吹いた人に対しても,「そう言うお前を,わしゃ喰った」と返答した.
(2) あなた(答えようとして絵を熱心に見ている読者).

 いずれも自分の存在を忘れている点を突いた問題です.因みに,ずっと後,コルタサル「続いている公園」を読んで,(2)の解答を読んだときの驚きを,もっと何倍にもしたような驚きを受けました.
フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ